スポンサーリンク

フルーティーなリンゴ酢ドリンクでダイエットブースト!【リンゴ酢ダイエット】

スポンサーリンク
リンゴ酢ダイエットのイメージ(りんご&お酢&メジャー) 食事でダイエット
スポンサーリンク

今回は、リンゴ酢を使ったダイエットとその効果について解説します!

リンゴ酢は果実酢でもリーズナブルで使いやすい!

果物を原料にした果実酢は、いろいろな果物を原料にしたいろいろな商品が市販されています。
ネット通販を使えば、ちょっと珍しいものも簡単に手に入るようになりました。

そんな果実酢の中でも特にポピュラーで、商品の種類も多くいろいろなシーンで使われている、果実酢の代表的存在が『リンゴ酢』です。

市販されているお酢ドリンクの原料や、ブレンド系果実酢のベースとしても広く使われています。

価格も比較的リーズナブルですし、スーパーマーケットなどでも取り扱っていることもあって求めやすいので、普段使いしやすいのも大きなポイントです。

リンゴ酢のダイエット効果

リンゴルに含まれる成分の中でも、特に豊富に含まれている注目の栄養素は【ペクチン】と【カリウム】です。

◉ ペクチン
ペクチンにはコレステロールを低下させたり、整腸作用を促す効果があると言われています。血糖上昇やインスリンの分泌を抑制する効果があることも確認されています。
◉ カリウム
カリウムは体内に含まれるの余分な塩分を排出する効果があり、疲労の防止や高血圧予防、心臓障害の予防に役立ちます。

リンゴ酢には他にも酢酸、りんご酸、クエン酸、コハク酸といった有機酸が豊富に含まれているので、新陳代謝アップ・血糖値抑制・疲労回復・デトックス効果といったお酢の健康促進効果/ダイエット効果も、もちろん期待できます。

カロリー/糖質コントロールでの食事制限ダイエット、筋トレ/有酸素運動での運動ダイエットの効果をさらに高めることができるので、目標達成までに必要な期間を短縮することにもつながります。

リンゴ酢の特徴と使い方

リンゴ酢ダイエット方法は、他のお酢ダイエットと同様です。

1回あたりスプーン1杯〜2杯(15g〜30g)程度を、水やお湯をはじめ何か飲み物で割ったものを毎日飲み続けるというもの。

毎日続けることで太りにくく痩せやすい体に体質改善して、ダイエットの効果を高めることができます。

お酢を割ってドリンクを作るのにオススメの飲み物は、別記事で詳しくまとめてあるので参考にしてください。

飲みやすさとカロリーで言えば定番は「炭酸水」ですが、紅茶などもオススメです。

関連記事:お酢ダイエットにオススメの飲み方10選!

自家製果実酢のベースにも

市販されている果実酢には、リンゴ酢をベースに他の果実酢や果汁をブレンドしているものも少なくありません。

リンゴ酢はブレンデッド果実酢のベースに最適なので、お好みの果物を漬け込んだり果汁を合わせて、自家製のオリジナル果実酢も簡単に作るとができます。

自作のいろいろな果実酢を用意して、日替わりやその時々の気分で好きなものを選ぶようにすれば、飽きずに長続きできて成功につなげることもできます。

リンゴ酢の選び方

リンゴ酢は、リンゴ100%でつくられたリンゴ酒(シードル)を発酵させて造られます。

市販されているものでも、果汁100%で造られた商品が比較的多いようです。
『純リンゴ酢』『シードルビネガー』などと表示されているものは、リンゴのみで造られていると考えてかまいません。

安すぎるリンゴ酢には注意!

販売価格が極端に安いものは、成分表をチェックしてみた方がいいでしょう。
米酢などの穀物酢とブレンドされているものや、原料に醸造アルコールなどを加えて水増ししたものかもしれません。

それら全て悪いわけではありませんが、リンゴ100%のものに比べると風味が劣るのはまちがいないですし、酸味や刺激が強く飲みにくいものが目立ちます。

また、果汁が少ない分だけ、リンゴ由来の栄養成分も少なくなってしまいます。

ドリンク用リンゴ酢は糖分に注意!

最初からドリンク用として作られている商品は、果汁100%であっても砂糖・ハチミツ・甘味料などが含まれていることが多いので要注意です。

飲みやすいのは間違いないですが、低糖質の甘味料を使ったもの以外は、カロリー/糖質が高くなるのでダイエット向きではありません。

リンゴ酢は風味と口当たりがよく飲料用にも最適で、料理から自家製の果実酢作りまでにも幅広く使える便利なお酢なので、ダイエッターなら1本は常備していたいものです。

毎日飲み続けてダイエットにつなげましょう!

 

コメント