Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサーリンク

【デザインを発注してみよう!】デザイナーに渡す素材集めが面倒なんだけど、どうすればいいの?【クラウドソーシング】

スポンサーリンク
クラウドソーシングで発注するデザイナーを検討する女性 クラウドソーシング
スポンサーリンク

クラウドソーシングのデザイン発注は素材すべてをそろえてから!

今回は、クラウドソーシングでチラシなどのデザインを依頼する時、なぜわたしたちクライアントが素材をそろえなければいけないのか? デザイナーさんや他のクリエーターに依頼することはできるのか?

そんな疑問について解説していきたいと思います。

写真,イラスト,テキスト,資料…必要なものはイッパイ!

クラウドソーシングではデザインに必要な素材は、基本的にクライアントの方で用意するのがマナーなっています。

チラシやフライヤーのデザインを発注するとき、必要な写真などの素材収集はなかなか手間のかかる作業です。

ついつい素材収集も「デザイナーさんがやってくれればなぁ…」なんて考えてしまいますよね。

どうして自分で素材を用意しなきゃいけないの?

業界のシステム的な理由

チラシに限らず何のデザインにしても、最初から最後までひとりのデザイナーの手で完成させるわけではありません。

写真はカメラマン、イラストはイラストレーター、文章はライター、地図,表,グラフは専門のオペレーターという具合に、いろいろなクリエイターの手でデザインに必要な素材がつくられています。

さらにデザイン完成後の校正(完成品のチェック)作業は編集者や校正者の担当ですし、印刷もちろん印刷会社のお仕事です。

スキルによってはひとりでいくつかを掛け持ちするケースもありますが、本来はこのように専業の人たちによって用意された素材を使って、デザイン作業〜入稿できるかたちに仕上げる、というのがデザイナーの仕事なんです。

料金的な理由

予算がふんだんに使えて納期にも余裕があるのなら、広告代理店に依頼すればデザイナーからライター,イラストレータ,カメラマン,モデルまで、すべてコーディネートしてくれます。

ただし、その場合多くの人件費が必要なので料金は数万円〜数十万とかなりの予算が必要です。

クラウドソーシングでも相応の報酬を払えば、撮影や写真素材の手配まで外部のクリエーターにお任せすることも不可能ではありません。

でも、現実的にはクラウドソーシングを利用しようとする人は、予算もかなり限られるケースが多いんじゃないでしょうか?

クラウドソーシングではかなり格安の料金設定で対応している人がほとんどで、探せばチラシ1面5,000円以下という破格値で腕利きのデザイナーさんに依頼することも可能です。

ただこんな激安料金では、はっきりいってギリギリ(というか下手をすると赤字)もいいところです。

必要な素材が全てそろった案件でなければ割に合わなすぎて、とてもじゃないけど引き受けられないというのが実情なんです。

時間的な理由

いろいろな素材を自分で作成/収集したり、写真やイラストなどを発注したりすることになると、当然素材をそろえるまでにそれなりの時間が必要です。

納期までに十分な時間があれば問題ないですが、あまり余裕がない場合はスケジュール的に納期に間に合わない可能性が出てきます。

納期に間に合わないというのは、デザイナーさんとしては信用問題にもなるので、その可能性があればさすがに簡単に引き受けられませんね。

物理的な理由

業務内容に関するもの,商品やメニュー,会社やお店の内観/外観などの写真は、どうやっても関係者や業界内の人でないと手に入れられません。

これをデザイナーさんにまかせるのははじめから無理がありますね。

素材サイトや素材集を利用する場合も、欲しい写真が必ず見つかるとは限りません。

そうなるとデザイナーさんもお手上げなので、どうやっても素材を手に入れることができなくなります。

フリー素材は自分で探したほうが効率的?

予算が少ない場合、自前で写真撮影などして用意できる以外の写真やイラストは、おそらく商用OKの素材サイトを使うことなるでしょう。

素材収集をオプションで引き受けてくれるデザイナーさんもいますが、コストや手間を考えると自分で探した方がいいケースもあります。

素材サイトはたくさんあるといっても、品揃えが良くて実際に利用できるサイトというのは限られてきます。

結局のところクライアントもデザイナーさんも、利用するサイトは同じ…なんてことも少なくありません。

そうなると、わざわざお願いする意味もないですね。自分で探した方が実際に写真の確認もできて、画像のやりとりや確認にかかる余計な時間がはぶけるので効率的です。

フリー素材は自分で探したほうが効率的?

今回は、クラウドソーシングでデザインを発注する場合、なぜ私たちクライアントが写真などの素材をそろえないといけないことが多いのか? その理由について解説してきました。

クオリティの高いチラシ作って広告効果をアップさせるためには、デザイナーさんだけが頑張っても限界があります。

デザインに必要な素材に対しては予算も手間ヒマもあまり出し惜しみせず、高品質なものを用意して完成度をさらに引き上げたいものですね。

 

コメント